脱走!

2019/07/27 [Sat] オオクワガタ

オオクワガタ脱走

脱走→後食開始!

朝、飼育ケースの蓋が少し浮いていてコバエ避けシートが破れていたので少し不審には思ったものの、何も思わず蓋を閉め直して朝の支度をしていました。

その後、朝食を食べていた長男が急に天井の一点を見つめて「あれ何?」と一言。

一瞬巨大なGかと思いましたが、すぐにカービィだと気付きました。

壁にしっかり張り付いているのでなかなか捕まえることができず、ひとまず休戦して子供達を保育園に送って行ってから主人と二人で格闘。天井が高いのでかなり苦戦し、最終的にはブロワで吹き飛ばして虫網で受けて、ようやく捕獲することができました。

夜間、子供のために白熱灯をひとつ付けて寝ているのですが、それに反応して脱走したと思われるので、今後夜はケースに黒い布をかけて暗いところに移動させ、蓋にガムテープを貼ることにしました。

後食開始!

そして脱走劇翌日からカービィがついに後食を始めました!

オオクワガタは比較的少食だとネット情報に書かれてありましたが、カービィはゼリーのケースに体を突っ込んでずっと食べ続けていました。昨日の脱走でかなり体力を使ったようです。1日でゼリー半分ぐらい食べてしまいました。

その後、脱走対策のためのガムテープを毎回貼り剥がしするのが面倒なので、コバエシートを挟むのをやめ、蓋の上に辞書などを置くことに。

が、すぐにコバエが湧いてしまったのでシートの代わりにキッチンペーパーを挟んでみました。しかしカービィはすぐビリビリに破ってしまうし、また蓋が少し浮いていて脱走を試みた跡が。

結局コバエシートの方がマシか、という結論になり、夜間はコバエシートを取ることにしました。

保水シートが好きな二匹

ところで、カービィもメタナイト保水シートの下がお気に入りで、大体いつもシートの下に張り付いています。↓これです

ケースの底で土もないのに大丈夫なのか?といつも心配になるのですが、冷たくて気持ちいいのかもしれません。

この製品に関する情報も少なく、中身が漏れたりしても昆虫に害はないのだろうか?と思ったりもしましたが、その後3ヶ月ほどマット交換の度に水を含ませ直して使っても破れることはなく、マット交換してシートをきれいに底にセットし直しても翌日にはグチャグチャにして、嬉々としてシート下に潜っているので、そのうちまぁいいか、と思うようになりました。

※ちなみに、9月頃になって少し気温が下がるとシートの下には入らなくなりました。
※後日談:翌年、1年経って成熟したからなのか、すぐビリビリに破ってしまい中身が出てくるので、あまり使わなくなりました。

7月頃になるとホームセンターで外国産のクワガタやカブトムシが販売され始めました。クワガタの飼育グッズをチェックするのが楽しくて頻繁に通いながら売られている甲虫を見ていましたが、うちの子達の方がカワイイなぁ、とか考えてしまいます(笑)

オスも後食開始

メタナイト、ゼリーをほんの少し舐めているような跡はあるものの、カービィと比べると明らかに全然食べていないので、もしかして食べにくいのだろうか?と広口のエサ皿と、少し高い樹液に近付けたというエサを買って与えてみました。

すると数日後、ついにメタナイトも後食を始めました!

オオクワガタはグルメだ、という記事も見かけましたが、どうやらそれも一因だったのかも?

カービィの時のようにひたすら食べていて、昼から夕方までずっとゼリーを舐め続けていました。面白くて近くで見ていると、気配を察するのか餌皿の隙間に隠れるのですが、離れたのが分かるとまた出てきて舐めています。意外に気配に敏感なことに驚かされます。

夏も本番、コバエが増えてきたので室内用の電撃殺虫器を買いましたが、買った途端になぜかコバエの姿をあまり見かけなくなり、結局効果がよく分からないまま使わなくなりました。そのうち活躍することもあるでしょうか。

/ /

ABOUT

QUEEN DESIGNINGの裏サイトとして趣味で運営しています。家で飼っているカブト・クワガタ達の飼育記録から、ペアリングや飼育に関して調べたこと、試行してみたことなどを記録しています。

QUEEN DESIGNING

甲虫飼育スケジュール

サイト内検索